スポンサーリンク

マーフィー式FXテクニカル:おじいが昔勉強していたFXの手法

投資
おじい
おじい

おじいじゃ。今は、及川式FXを勉強しとるが、昔は、マーフィー式を勉強しておった。詳しくはこちらじゃ

リンリン
リンリン

今回は、マーフィー式テクニカルについて少しだけお話します。

及川式を学ぶならこの本

マーフィー式を学ぶならこの本

スポンサーリンク

マーフィー式FXの2つのチャート:FXテクニカル

マーフィー式で用いるチャートは2つ、スーパーボリンジャースパンモデルです。

スーパーボリンジャー:マーフィー式FX

スーパーボリンジャーとはこのようなものです。

スーパーボリンジャーの構成要素

・ボリンジャーバンド(±1σ~3σ):期間21
・遅行スパン:期間21

大局観を把握するのに使います。

スパンモデル:マーフィー式FX

スパンモデルとはこのようなものです。

スパンモデルの構成要素

・青色スパン

・赤色スパン

・遅行スパン:期間26

売買ポイントの判断に使います。スーパーボリンジャーより短い足で使うのが原則です。

マーフィー式FXの神髄:FXテクニカル

マーフィー式FXの神髄は「遅行スパン」です。

おじい
おじい

わしが「ドラゴンみたい」と言うてたやつじゃ

遅行スパンとは「終値を期間分過去にずらして描写したライン」のことです。

実際のチャートを見てみますと、今のレートに対応して、しっぽのようにクネクネ動いているのがわかります。

遅行スパンで相場の判断:マーフィー式FX

遅行スパンとローソク足の位置関係により、以下のような判断をします。

・ローソク足より上 → 買い相場
・ローソク足より下 → 売り相場
・ローソク足と重なっている → レンジ相場
下の画像では、ローソク足より上にあるので、買い相場ということになります。

遅行スパンによるトレンド転換の判断:マーフィー式FX

遅行スパンがローソク足を上から下に抜けることを「陰転」といい、買い相場から売り相場に転換したと判断します。

逆に、遅行スパンがローソク足を下から上に抜けることを「陽転」といい、売り相場から買い相場に転換したと判断します。

まとめ:マーフィー式FX

以上、簡単にマーフィー式のFXについて説明しました。

おじい
おじい

わしゃ、遅行スパンがわかりやすくて好きじゃったわい。

リンリン
リンリン

さらに詳しく知りたい場合は、こちらの本を読んで下さい。

↓ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました